('20-264) 新橋-浅草8kmウォーキング(東京アンテナショップめぐり)(前半:新橋~日本橋)

2020年9月19日(土)23~25℃、曇り/雨
 (7時)
IMG_5821.JPG・ 秋雨前線が太平洋南岸に停滞していて、前線に近い関東ではぐずついた天気になったが、その他の地域は好天になった。
・ 全国的に気温は平年並みになって、猛暑日(最高気温35℃以上)地点はゼロ、真夏日(最高気温30℃以上)51地点に減った。
・ 東京でも朝からどんよりした天気で時折雨が降った。都心27.1℃、練馬26.6℃、府中25.9℃、八王子25.0で平年並みになった。

◎新橋-浅草8kmウォーキング(前半:新橋~日本橋)
○ 新橋駅東口
IMG_5822.JPG・10時50分、25℃、曇り、新橋駅東口前からウォーキングをした。
・ 各県の特産物のアンテナショップなどを訪問しながら、浅草寺をめざした。



・ 新橋駅前では、「香川・愛媛せとうち旬彩館」と「とっとり・おかやま新橋館」に立ち寄った。
・ とっとり・おかやま館で買物が1000円をこえたので、500円の利用券をもらった。とってもラッキーだった。
(香川・愛媛せとうち旬彩館)   (とっとり・おかやま新橋館)
IMG_5824.JPGIMG_5828.JPG










○ 銀座・有楽町
・ 外堀通りを銀座から東京駅へ向かった。
・ 銀座5丁目の熊本館へ寄って、数寄屋橋交差点を渡って、有楽町駅前の交通会館へ行った。
・ 交通会館には、各道府県の特産物を販売する店が集まっているが、今回買ったのは、「秋田ふるさと館」だけだった。ここでは、菅首相のイラスト菓子がたくさんあったが、興味なかった。
・ 銀座1丁目の高速道路高架下にある「IBARAKIsense」店で買物をした。
 (銀座熊本館)    (秋田ふるさと館)
IMG_5829.JPGIMG_5833.JPG









○ 日本橋
・ 東京駅八重洲口前を通って、日本橋交差点に向かった。
・ 日本橋2丁目にある「おいでませ山口館」で買物をした。
 (東京駅)         (おいでませ山口館)
IMG_5839.JPGIMG_5840.JPG









・ 日本橋交差点周辺には、高島屋、コレド日本橋などの大規模商業施設がある。
・ 日本橋交差点の角にある「ここ滋賀」で買物をした。
  (日本橋交差点)   (ここ滋賀)
IMG_5842.JPGIMG_5843.JPG










・ 日本橋の手前で、東京三大どら焼きの一つ「うさぎやのどら焼き」を買った。この店はいつも行列ができているが、この時はたまたま誰もいなかったので、すぐに買えてよかった。
IMG_5844.JPGIMG_5846.JPG








・ 日本橋の上に着くと、日本橋川に観光船が出ていた。【続く】
IMG_5848.JPGIMG_5849.JPG

('20-263) 川越市内12kmランニング(その3:川越氷川神社~蔵造りの町並み~本川越駅前)ー夜6kmランニング

2020年9月18日(金)23~33℃、曇り
 (7時)
IMG_5812.JPG・ 前線が北上して日本海岸の横たわって、日本海側は天気が崩れて、太平洋側には湿った暖かい空気が流れ込んで、蒸し暑くなった。
・ 全国で猛暑日(最高気温35℃以上)地点は1(山梨県南部)で、真夏日(最高気温30℃以上)の地点数は197に増えた。
・ 東京でも朝からどんよりした天気で蒸し暑くなり、練馬33.8℃、都心33.4℃、八王子32.7℃と真夏日になった。

◎ 夜6kmランニング
・ 20時11分、25℃、南風3m/s。暑くはなかったが、湿気があって、汗をかいた。
・ スタートからいつもより速いペースで走った。1.5kmからの上り坂をなんとか走り切った。
・ 2.5kmすぎの下り坂でペースアップしたが、2kmから5kmまでの3kmでキロ4分20秒を切った。これは今までにないハイペース。
ラスト500m全速走は1分57秒だった。
(1km)5分15秒 (2km)10分19秒[5:04] (3km)14分33秒[4:14]
(4km)18分42秒[4:08] (5km)22分56秒[4:16] (6km)27分36秒[4:40]

◎ 川越市内12kmランニング(後半:川越氷川神社~本川越駅前)
・ 9月12日10時17分に本川越駅前からランスタートして10時50分、川越水上公園に着いた。11時07分、公園から川越ハーフマラソン10kmコースを逆走して、11kmで川越氷川神社に着いた。
(11km川越氷川神社)196分
○ 川越氷川神社~札ノ辻
IMG_5368.JPG・ 川越氷川神社前から郭町交差点へ行って、川越城本丸御殿へ行った。
・ このあたりは川越城の周辺らしく、博物館や美術館など文教施設が整備されている。
・ 川越市には古くからの和菓子店がたくさんあるので、今回は和菓子店をはしごした。
(11.2km郭町)200分~213分
 (本丸御殿) 
IMG_5445.JPGIMG_5448.JPG











・ 本丸御殿に立ち寄った頃から雨が本降りになってきたので、傘をさしてゆっくり走った。
・ 川越市役所前を通過して、札ノ辻交差点に着いた。
(11.8km札ノ辻)218分
 (川越市役所)       (札ノ辻)
IMG_5450.JPGIMG_5451.JPG










○ 札ノ辻~本川越駅前
・ 札ノ辻交差点を左折して、蔵造りの町並みに入った。
・ ここから本川越駅前までは約1km余だが、和菓子店を5~6軒見て和菓子を買ってまわったので、この1kmに1時間近くかかった。ら
・ 川越では、イモを使った和菓子が多い。
・ あいにくの雨が続いていたが、浴衣姿の若い女性グループなどが街歩き、食べ歩きをしていた。
・ 川越市内はこれから秋の訪れとともに、すごく賑わうことだろう。
・ 来年の小江戸川越ハーフマラソンには出場したいと思ったが、競争率は高い。
・ 13時20分、西武新宿線の本川越駅に戻って、八王子への帰途に着いた。
(12.9km本川越駅前)275分
IMG_5456.JPGIMG_5460.JPG









IMG_5470.JPGIMG_5471.JPG

('20-262) 川越市内12kmランニング(後半:川越水上公園~川越氷川神社)- 夜6kmランニング

2020年9月17日(木)21~27℃、曇り

・ 太平洋側に横たわっていた前線が北上して中央にかかってきて、全国的に大気不安定になってきた。
・ 全国で猛暑日(最高気温35℃以上)の地点はゼロ、真夏日(最高気温30℃以上)の地点数113になった。
・ 東京でも朝からどんよりした天気で蒸し暑くなったが、雨は降りそうで降らなかった。
・ 都内の最高気温は27℃くらいだった。
・ 朝、港区のタバコポイ捨てキャンペーンが行われていた。
 (9時)        
IMG_5801.JPGIMG_5803.JPG









◎ 夜6kmランニング
・ 20時13分、25℃、南風3m/s。暑さは和らいだが、湿気があって、汗をかいた。
・ スタートから1kmは体がしんどかったが、1.5kmからの上り坂をなんとか走り切った。
・ 2.5kmすぎの下り坂でペースアップしたが、3kmから4kmの全力走は4分20秒を切ったが、この後はバテて失速した。ラスト500m全速走は2分03秒だった。
(1km)5分19秒 (2km)10分39秒[5:20] (3km)15分17秒[4:38]
(4km)19分34秒[4:16] (5km)23分55秒[4:21] (6km)28分35秒[4:40]

◎ 川越市内12kmランニング(後半:川越水上公園~川越氷川神社)
・ 9月12日10時17分に本川越駅前からランスタートして10時50分、川越水上公園に着いた。
○ 川越水上公園
IMG_5393.JPG・川越水上公園は総敷地面積39.6haもの広大な園内に8種類ものプールがあるのが特徴で、夏にはたくさんの来場者であふれるが、今夏は新型コロナウイルス対策でプールは閉鎖されていた。




・ このほかにも、ボート、テニス、ルアーフライ釣場、フットサルコート、フィットネスクラブ、健康遊具やゴムチップによるウォーキング・ジョギングコースなどがある。
・ この日は、あいにくの雨だったこともあって、公園内は閑散としていた。
・ 公園内の池の周りや公園西側の入間川を見たりした。
・ 春の桜シーズンがよさそうだ。
IMG_5394.JPGIMG_5400.JPG






○ 川越ハーフマラソン10kmコース
・ 11時07分、公園を出て、川越ハーフマラソン10kmコースの逆走を始めた。
・ 少し行くと、左へ曲がって街中を走る道路で、JR川越線と東部東上線のガードをくぐると、道幅が狭くなった。
(5.5km川越水上公園出)143分
 (11時10分)    (11時15分)
IMG_5407.JPGIMG_5410.JPG








・ 東武線を通過した後、入間川の堤防に寄り道した。
・ 小谷自治会館前を右折すると、まもなく広い道路に出た。  
(7.4km小谷自治館前)163分 
(11時22分)       (11時25分:小谷自治会館前)
IMG_5414.JPGIMG_5416.JPG   









・ 1kmほど東へ進むと、今成2丁目交差点に着いた。
・ 10kmレースではここを直進するが、ハーフマラソンではここを右折して北へ向かって、10kmほど余計に距離をかせいで、ここに戻ってくる。
・ 交差点をまっすぐ通過すると、星野学園とJA入間の大きな建物がある。
(8.5km今成2丁目)170分
(11時28分)    (11時37分:JAいるまと星野学園前)
IMG_5419.JPGIMG_5423.JPG









・ 道なりに東へ向かって、神明町交差点を右折した。
・ 500mほど南へ進んで川をわたるとまもなく、再び東へ行くと、川越氷川神社に着いた。
・ この日は、何か祭礼が行われているようだった。着物姿の参拝者がいた。
 (11km川越氷川神社)196分
 (11時52分)     (12時:川越氷川神社)
IMG_5431.JPGIMG_5438.JPG

('20-261) 奥武蔵18kmハイキング(その4:高麗川~宮沢湖~東飯能駅)ー夜6kmランニング

2020年9月16日(水)、曇り、21℃~27℃
(12時半)
IMG_5795.JPG・ 東日本に横たわっていた前線は南下して、太平洋岸の南にできている。
・ 日本列島は全体的にどんよりと下曇り空になって、気温も25℃位で平年並みになった。
・ 全国で猛暑日(最高気温35℃以上)はなく、真夏日(最高気温30℃以上)も九州・沖縄などを中心に55地点にとどまった。
・ 東京では朝から曇りがちで、昼頃には少し薄日もさして気温は27℃位まで上がったが、夕方にかけてまた雲が厚くなった。
・ 夜には少し雨が降ってきた。

◎ 夜6kmランニング
・ 20時02分、25℃、南風3m/s。気温が下がってきて、走りやすくなった。
・ スタートからいつもより速いペースで走り、1.5kmからの上り坂もまずまず走り切った。
・ 2kmからペースアップして、3kmから全力走に入った。4kmまでは良かったが、4kmをすぎてから5kmは失速した。
・ ラスト500m全力走も前半飛ばして1分56秒だった。
(1km)5分14秒 (2km)10分25秒[5:11] (3km)14分52秒[4:26]
(4km)19分05秒[4:12] (5km)23分21秒[4:15] (6km)28分01秒[4:40]

◎ 奥武蔵18kmハイキング(その4:高麗川~宮沢湖~東飯能駅)
・ 9時半、毛呂駅前から歩き始めて、10時03分に鎌北湖畔から奥武蔵自然歩道に入り、10時53分に物見山頂上、11時25分に日和田山頂上を経て、山から下って、巾着田から高麗川に架かるドレミファ橋を渡った。【no.20-260より続く】
○ 高麗川~高麗峠
・ 12時10分、再び森の中の細い遊歩道に入った。
・ 森の中はうす暗いが、道の状態はまずまずだった。
(11.8km高麗川ドレミファ橋)151分 
 (12時11分)      (12時14分)
IMG_5675.JPGIMG_5680.JPG
 







○ 高麗峠
・ 12時21分、宮沢湖へ行くコースと天覧山へ行くコースの分岐点に着いた。
・ ここから少し先に、高麗峠177mの道標があった。
・ 先ほどの分岐点に戻って、宮沢湖へのコースを進むことにした。
 (12.6km高麗峠)172分
 (12時21分)       (12時22分:高麗峠)
IMG_5682.JPGIMG_5683.JPG










・ 少し進むと、ゴルフ場の中を通るので、所々に金網のトンネルが設置されている。
・ 12時34分、分岐点に着いた。右は貯水池、まっすぐは宮沢湖となっているが、右にも矢印が書き足されていた。右の方が宮沢湖への近道だと確信したが、雑草が生い茂っているような感じがしたので、遠回りの真直ぐへ進んだ。
 (12時27分)       (12時34分) 
IMG_5686.JPGIMG_5691.JPG



   (12時35分)
IMG_5690.JPG








○ 宮沢湖ムーミンヴァレイのメッツァビレッジ
・ 12時46分、堤防を上がると、宮沢湖が見えた。残念ながら曇っていたので、景色はあまりパッとしないが、秋の紅葉はきれいだろう。
・ 湖には観光ボートが数層浮かんでいた。東岸にはきれいで大きな建物が並んでいて、観光客が大勢いた。
・ ここはムーミンヴァレイのメッツァビレッジで無料開放区間になっている。
・ 無料区間を見てまわった。
(14.9km宮沢湖)195分   
IMG_5699.JPGIMG_5710.JPG




IMG_5709.JPGIMG_5704.JPG













○ 宮沢湖~東飯能駅
・ 20分ほどムーミンヴァレイを歩いてから、駐車場を通過して、県道の宮沢湖入口交差点へ出た。
・ 道なりに、飯能市街地の東飯能駅へ向かった。
・ 東飯能駅からJR八高線に乗って、八王子駅に向かった。
・ このハイキングコースは、30年ぶりの踏破だったが、初心者向けで歩きやすいコースなので、秋の紅葉の頃、また歩いてみたい。
(16.3km宮沢湖入口)216分 (18.6km東飯能駅)235分
(13時27分:東飯能駅)
IMG_5723.JPG

('20-260) 奥武蔵18kmハイキング(その3:日和田山~巾着田)

2020年9月15日(火)、曇り/晴れ、21℃~27℃
・ 先週末から低気圧と前線が東日本にかかって、東日本には湿った空気が流れ込んでぐずついた天気が続いてきた。
・ 今日は前線が太平洋側に下がって、一時的に天気が回復した。
・ 全国で猛暑日(最高気温35℃以上)はなく、真夏日(最高気温30℃以上)も九州・沖縄などを中心に71地点にとどまった。
・ 東京では朝から曇りがちだったが、昼頃には久しぶりに晴れ間が出た。最高気温は27℃位でずいぶんすごしやすくなった。
・ 夜11時頃には雨が降ってきた。
 (7時) (9時)
IMG_5782.JPGIMG_5786.JPG









◎ 夜6kmランニング
・ 20時11分、25℃、南風3m/s。気温が下がってきて、走りやすくなってきた。昨日は雨でラン休したので、今夜は体力に少し余裕があった。
・ スタートから1kmはゆっくり走で、1.5kmからの上り坂もまずまず走り切った。
・ 2kmからペースアップして、3kmからの全力走は4kmまでは良かったが、ここでバテてしまって4~5kmは失速した。
・ ラスト500m全力走はかろうじて1分59秒だった。
(1km)5分22秒 (2km)10分37秒[5:15] (3km)14分58秒[4:21]
(4km)19分11秒[4:12] (5km)23分35秒[4:24] (6km)28分15秒[4:40]

◎ 奥武蔵18kmハイキング(その3:日和田山~巾着田)
・ 9時半、毛呂駅前から歩き始めて、10時03分に鎌北湖畔から奥武蔵自然歩道に入って、10時53分に物見山頂上を経て、日和田山頂上に着いた。【no.20-259より続く】
○ 日和田山山頂
・ 11時25分、日和田山山頂に着いた。
・ あいにくの曇りで遠方の高層ビルは霞んでいたが、遠方まで見渡すことができた。
・ 山頂には、10人位のハイカーたちがいた。
 (9.7km日和田山頂上)115分~120分 
IMG_5639.JPGIMG_5634.JPG











・ 日和田山山頂から急な斜面を降りていくと、11時35分、金刀比羅宮の建物前着いた。
・ 金刀比羅宮の門前から南は視界が開けた岩場から、南方の飯能市街の景色が手に取れるように見えた。
(10km金刀比羅宮前)125分~130分
IMG_5642.JPGIMG_5643.JPG









・ 岩場から巾着田まで降りていくのに、急坂を下る男坂と遊歩道を下る女坂があるが、上りは男坂でも行けるが、下りは自信がなかったので女坂を下った。
・ 10分ほどで上り口まで降りてくると、日和田山登山路の案内図があった。
 (11時38分)        (11時49分)
IMG_5645.JPGIMG_5656.JPG











・ 登山口の近くに民間の駐車場(500円)があるが、満車だった。
  (11時52分)
IMG_5661.JPG






○ 巾着田
・ 11時56分、巾着田北側の入口に着いた。
・ 巾着田周辺の高麗川沿いには彼岸花の群生地があり、例年のこの頃は真っ赤な彼岸花で埋め尽くされるので大勢の見物客が訪れるが、今年は新型コロナ対策のため彼岸花は刈り取られていた。
・ 訪問者も数人だけだった。
・ 巾着田をすぎて、高麗川の対岸へ渡るドレミファ橋へ着いた。
・ 以前は飛び石だけで、木橋はなかったが、安全に配慮したようだ。
 (11.8km巾着田入口)146分 (12.5km高麗川ドレミファ橋)154分 
 (12時:彼岸花)         (12時04分:ドレミファ橋)
IMG_5665.JPGIMG_5670.JPG

('20-259) 奥武蔵18kmハイキング(その2:鎌北湖~物見山~日和田山)

2020年9月14日(月)、曇り/雨、20℃~27℃
・ 低気圧と前線が東日本にかかって、東日本などでは天気が崩れた。
・ 全国的にぐずついた天気で、気温も平年並みになった。
・ 猛暑日(最高気温35℃以上)の地点はなく、真夏日(最高気温30℃以上)60地点にとどまった。
・ 東京では朝から曇りがちで、日中の最高気温は都心27.2℃、八王子27.0℃になった。
・ 八王子では夕方には雨が降ってきた。
・ 交差点には、ビニル傘が放置されていた。
 (9時) (19時)
IMG_5755.JPGIMG_5766.JPG









◎ 奥武蔵18kmハイキング(その2:鎌北湖~物見山~日和田山)
・ 9時半、毛呂駅前から歩き始めて、10時03分に鎌北湖着いた。
○ 鎌北湖~物見山
IMG_5580.JPG・ 鎌北湖堰堤を進んで、10時11分、奥武蔵自然歩道の入口に着いた。
・ スギ林の中の遊歩道を進んだ。
・ 林内は薄暗いが、足元はまずまずの状態だった。
・ 10分ほど遊歩道を歩いていくと、10時21分、広い林道に出た。
・ ここで物見山へ行くのにどちらへ行ったらいいかわからなかった。スマホGPSでもわからず、5分迷って出発した。
(4.2km奥武蔵自然歩道入口)41分 
 (10時14分)       (10時23分)
IMG_5584.JPGIMG_5591.JPG










・ 林道から見晴らしの良い場所に出た。
・ 物見山入口の案内があったので、ホッとした。
・ 物見山へ向かって、林道からそれて、遊歩道へ入っていった。
 (5.1km林道)52分
  (10時36分)       (10時37分)
IMG_5594.JPGIMG_5597.JPG










・ 森林内の歩きやすい遊歩道を進むと、物見山への案内板があった。
・ 時々、すれ違うハイカーも出てきたので、安心して進んだ。
・ 物見山の頂上付近では少し急斜面もあったが、10時53分、物見山頂上に着いた。
・ ここには休憩ベンチはあるが、見晴らしは良くなかった。
 (7.8km物見山頂上)83分
(10時47分)     (10時53分:物見山頂上)
IMG_5604.JPGIMG_5609.JPG










○ 物見山~日和田山
・ 物見山頂上には5分ほどいて、次の日和田山へ向かった。
・ なだらかな遊歩道で歩きやすい。15人位のハイキンググループとすれ違った。
・ 11時05分、森林の中から開けた原っぱに出て、舗装された林道へ出た。
・ 道の脇に、売店と少し進んだところにきれいな水洗トイレがある。
・ ここの休憩所で何組かのグループが休憩、食事をしていた。
 (8.7km休憩所)100分
 (11時03分)       (11時06分)
IMG_5617.JPGIMG_5622.JPG








・ 林道をまっすぐ進むとまもなく高指山に着くが、そちらへは行かずに、再び森林内の遊歩道へ入った。
・ 11時22分、日和田山頂への案内があったので、頂上に向かった。
   (11時13分)     (11時17分)
IMG_5626.JPGIMG_5628.JPG








・ 頂上付近の急斜面を上ると、頂上に着いた。
 (9.7km日和田山頂上)115分
 (11時21分)       (11時23分)
IMG_5629.JPGIMG_5632.JPG

('20-258) 奥武蔵18kmハイキング(その1:毛呂駅~鎌北湖)

2020年9月13日(日)、曇り、22℃~26℃
・ 東日本をはさんで日本海側と太平洋側に低気圧があって、前線が西日本から東日本に移動してきている。
・ 全国的にぐずついた天気で、気温も平年並みになった。
・ 猛暑日(最高気温35℃以上)の地点はなく、真夏日(最高気温30℃以上)75地点で最高気温も31.8℃(沖縄)にとどまった。
・ 関東は朝から曇りがちで、最高気温は都心27.8℃、八王子26.0℃になった。
・ 八王子では朝から曇りだったが、夕方には雨が降ってきた。
 (7時) (17時)
IMG_5531.JPGIMG_5738.JPG










◎ 奥武蔵18kmハイキング(その1:毛呂駅~鎌北湖)
○ JR八王子駅~毛呂駅
・ JR八王子駅から8時28分発川越行きの4両編成電車に乗車した。
・ 高麗川駅で、八高線の2両編成ディーゼル列車に乗り換えた。
 (八王子駅)        (高麗川駅)
IMG_5532.JPGIMG_5555.JPG










○ 毛呂駅
・ 高麗川駅から一駅目の毛呂駅で降りた。
・ 曇りで気温は25℃位、ハイキングにはまずまず。雨が降る可能性があったので、折りたたみ傘を持ってきた。
・ 毛呂駅は、30分に1本しか電車が停まらないローカル駅だが、駅前にはタクシーが数台並んでいた。
・ 毛呂駅の目前には埼玉医科大学付属病院の巨大な建物がそびえている。
 (9時31分:毛呂駅前)    (9時32分:埼玉医大病院)
IMG_5556.JPGIMG_5557.JPG









○ 毛呂駅~鎌北湖
・ 毛呂駅から南西に向かうと間もなく、鎌北湖入口の看板があるので、それに沿って西へ進んでいく。
 (鎌北湖入口)
  (9時36分)
IMG_5559.JPGIMG_5560.JPG











・ 1kmほど進むと、地元農産物の直売所がある。
・ まもなく、上り坂が始まった。上り坂を1km弱進むと、鎌北湖に着いた。
 (9時46分)        (10時)   
IMG_5562.JPGIMG_5567.JPG








○ 鎌北湖
IMG_5575.JPG・ 鎌北湖は昭和10年に完成した農業かんがい用ダム湖だが、今は水を抜いて、湖底の工事をしているので、景色はイマイチだ。
・ 鎌北湖のダム堤防付近には、車、バイク、自転車で鎌北湖にやってきた人が10人位いた。ここから舗装された林道をツーリングするようだ。






 (10時03分)
IMG_5571.JPGIMG_5572.JPG








・ 堰堤を進むと、広い無料駐車場があるが、ほぼ満車状態になっていた。
・ さらに進んで、奥武蔵自然歩道の入口に着いた。
(10時07分:駐車場入口)  (10時11分:奥武蔵自然歩道入口)
IMG_5578.JPGIMG_5582.JPG  

('20-257) 川越市内12kmランニング(前半:本川越駅前~川越水上公園)

2020年9月12日(土)、雨/曇り、23℃~25℃
 (8時)       
IMG_5363.JPG・日本海側に秋雨前線があって、関東沖には熱帯低気圧が北上・接近して、東日本はぐずついた天気になった。
・ 猛暑日(最高気温35℃以上)の地点はなくm真夏日(最高気温30℃以上)は212地点で近畿や東海に多くなった。
・ 関東は朝から雨雲に覆われて気温も25℃位にとどまった。
・ 八王子でも朝から雨が降ったりやんだりのぐずついた天気が続いた。

◎ 川越12kmランニング(前半:本川越駅前~川越水上公園)
○ JR八王子駅~本川越駅
・ 8時45分、ランスタートした。雨は降っていなかったが、ビニール傘を持って出た。
 (国分寺駅)      
IMG_5367.JPG・ JR八王子駅から中央線で国分寺駅まで行って、西武国分寺線に乗り換えて、本川越駅まで行った。
(0.7kmJR八王子駅)9分 (国分寺駅)35分
(本川越駅)85分 



○ 本川越駅前~川越水上公園
・ 10時17分、本川越駅前からゆっくり走で出発した。雨は降っていなかったので、ビニル傘を手に持って走った。
・ 連雀町交差点に着いた。この地点は、毎年11月第3日曜日頃に開催されてきた「小江戸川越ハーフマラソン」のハーフマラソンと10Kmレースのコースの3.2km付近になる。
(0.7km本川越駅東口)92分 (1km連雀町)97分
(本川越駅前)     (連雀町交差点)
IMG_5369.JPGIMG_5372.JPG









・ マラソンコースはこの連雀町から北へ「蔵造りの街並み」を進むが、今回はマラソンコースを逆走して、マラソンスタート地点の川越水上公園に向かった。
・ 連雀からほぼ直線的に1kmほど進むと、東武東上線とJR川越線の跨線橋を渡った。ほぼフラットなマラソンコースの中ではここが唯一の起伏のある個所だが、レースでは序盤の2km前後の地点なので問題ないだろう。
 (跨線橋)
IMG_5377.JPGIMG_5379.JPG









・ 川越線跨線橋の上がマラソンの2km地点になり、ここを下ると、今成交差点になる。
・ この今成交差点で南へ進路を変えると、川越西郵便局の大きなビルがある。
(2.4km今成)110分  (2.8km郵便局角)114分
 (今成南)        (川越西郵便局)
IMG_5383.JPGIMG_5385.JPG











・ 郵便局の角を西へ曲がると、広い直線になった。
・ 田んぼの中を通る片側2車線の水上公園道路を1.2kmほど進むと、マラソンスタート地点となっている川越水城公園に着いた。
・ マラソンレースでは、水上公園内をスタートしてからこの1km以上の広い直線道路を走るので、スタート直後の混雑緩和に非常に良いコースだ。
 (4.1km川越水上公園)125分
 (水上公園通り)(川越水上公園入口)
IMG_5389.JPGIMG_5391.JPG       

('20-256) マンションの自動火災報知機の交換工事をした - 夜6kmランニング

2020年9月11日(金)23~31℃、晴れ
・秋雨前線が日本海沿岸にかかって、西日本を中心に大気不安定な状態になった。
・全国では今日も猛暑日(最高気温35℃以上)の地点はなかったが、関東を中心に真夏日(最高気温30℃以上)は298地点で昨日より増えた。
・ 太平洋側から熱帯低気圧が関東に接近してきている。
・ 都内でも朝方はスッキリ晴れて昼にかけて気温が上がって蒸し暑かったが、午後には雲が広がってきた。
・ 都内の最高気温は練馬34.3℃、八王子33.6℃、府中33.0℃、都心32.5℃になった。
 (7時)        (12時半)
IMG_5348.JPGIMG_5354.JPG








◎ 夜6kmランニング
・ 20時11分、27℃、南風3m/s。まだ暑さが残っていたので、走り出すと顔に汗が滴れた。
・ スタートから1kmは体がしんどかったが、1.5kmからの上り坂をなんとか走り切った。
・ 2.5kmすぎの下り坂でもペースアップはできず、3kmから5kmの全力走はずいぶんとバテてしまった。
・ ラスト500m全力走も思うよう下半身は動かずようやく2分00秒だった。
(1km)5分30秒 (2km)10分51秒[5:21] (3km)15分36秒[4:44]
(4km)19分55秒[4:19] (5km)24分16秒[4:21] (6km)28分56秒[4:40]

◎ マンションの自動火災報知器の交換工事をした
○ 自動火災報知機とは
・ 自動火災報知器は、感知器により火災の初期段階に熱・炎・煙を早期に感知し、火災の発生を受信機に表示し、かつ音や音声の警報を発することにより火事を知らせる設備。
・ 消防法に基づき、2006年6月1日から設置が義務化され、新築、既存住宅を含めたすべての住宅(500m2以下の共同住宅・アパート等も含む)に取り付けなければならない。間取りや物件の形態によって、取付けする位置や必要な個数が決められている。
・ 詳細な設置基準は市町村条例によって定められているが、基本的には寝室と階段(寝室がある階の階段上部。1階など容易に避難できる階は除く)に設置が必要。子ども部屋や高齢者の部屋なども、就寝に使用されていれば寝室に含まれる。台所やその他の居室に設置を義務付けている市町村もある。
・ 住宅用火災警報器には、発報や感知の方式、電源などによっていくつかの種類がある。
 ■発報方式
 -単独型:火災を感知した警報器のみが鳴動し、火災を知らせる。
 -連動型:1箇所で感知した火災を設置されたすべての警報器が連動し鳴動。家中に火災を知らせる。
 ■電源方式
 -電池式:電池を用いるタイプ。一般的に広く用いられており、単独型はもちろん、ワイヤレスの連動型もある。
 -AC100V式(電源直結式):電気工事が必要なタイプ。単独型では、すべての警報器に電源が必要。連動型の場合は、AC100V電源は親器のみ、親器・子器間の連動配線は必要になる。
 ■感知方式
 -煙式(光電式):視界が曇る程度で知らせる。消防法令で寝室や階段室に設置が義務付けられているタイプ。
 -熱式(定温式):65℃程度で知らせる。調理の際の煙や水蒸気を火災として感知しにくい方式なので台所に適している。
 ■商品形状
 - 商品形状としては、露出タイプや埋め込みタイプ、天井付けだけでなく壁に設置できるタイプもある。最近ではインテリア空間になじむような薄型タイプも多くみられる。
○ 自動火災報知機の交換作業
・ 一般に、住宅用自動火災警報器は、電池式の場合の電池寿命は約10年でこのほかの電子部品の劣化もあるので、10年を経過すると取り替えが必要になるとされる。
・ しかし、交換工事には、交換機器の費用と工事費が必要となる。
・ 当マンションでは、全住戸の居室に自動火災報知機が設置されているが、すでに10年以上経過しており、台所用の火災報知機が誤作動することもあったので、全住戸の全機器を一斉交換することにした。
IMG_3060.JPGIMG_3059.JPG








・ 交換工事は、1時間弱で完了した。費用はマンションの修繕積立金を充てた。
IMG_3061.JPGIMG_3062.JPG








・ 最後に、試運転をして、警報音を発することを確認した。
・ これで、あと10年は大丈夫だ。
IMG_3067.JPG

('20-255) 高尾-小仏峠-藤野20kmウォーキング(その4:相模湖駅前~藤野駅前)ー夜6kmランニング

2020年9月10日(木)23~31℃、晴れ
・日本海側の低気圧と太平洋側高気圧にはさまれた秋雨前線が日本海沿岸にかかって、大気は不安定な状態になった。
・全国的な残暑は一服して、今日は猛暑日(最高気温35℃以上)の地点はなく、真夏日(最高気温30℃以上)は203 地点にとどまった。
・ 都内でも青空に雲が広がっていたが、日陰ではさわやかな涼しい風を感じた。
・ 都内の最高気温は練馬32.2℃、都心31.7℃、八王子30.9になった。
 (9時)        (18時半)
IMG_5335.JPGIMG_5340.JPG









◎ 夜6kmランニング
・ 20時14分、27℃、南風3m/s。風があってまずまずの条件だったが、走り出すと顔に汗が滴れた。
・ スタートから1kmは体がしんどかったが、1.5kmからの上り坂をなんとか走り切った。
・ 2.5kmすぎの下り坂でペースアップして、3kmから5kmの全力走は4分20秒を切ってまずまずだったが、5km直後はバテてしまった。
・ ラスト500m全力走は1分56秒で良かったが、右足中指の感覚マヒが続いている。
(1km)5分30秒 (2km)10分47秒[5:16] (3km)15分15秒[4:28]
(4km)19分28秒[4:12] (5km)23分45秒[4:18] (6km)29分39秒[4:40]

◎ 高尾-小仏峠-藤野20kmウォーキング(その4:相模湖駅前~藤野駅前)
・ 9月5日8時56分、JR中央線高尾駅前から歩き始めて、旧甲州街道(甲州道中)を西へ、小仏峠を越えて、約13km、144分かかって相模湖駅前に着いた。【20-254より続く】
○ 相模湖駅前~勝瀬橋
・ 11時20分、相模湖駅前に着いた。ここからJR中央線に乗って八王子へ帰ろうかとも思ったが、まだ昼前だったので、もう一駅先へ進もうと思った。
・ 甲州街道(国道20号)に引き返して、国道沿いに西へ(山梨県方面)向かった。
・ この道は車で何回も通っているが、歩くのは初めてだった。
・ 難点は、甲州街道は車の通行量が多いのに、歩道が整備されていないことで、相模湖駅前から600mほどで歩道はなくなって車道脇を歩かないといけなくなった。しかも、道路はカーブが多いので、車から視認されにくく、道路脇の雑草が道にはみ出しているので、白線の車道側にはみ出て歩かざるを得ない所もある。
・ そんな危険な道路を3kmも歩いて、ようやく勝瀬橋の北詰に着いた。
やはり、こんな道は歩きたくない。
・ 12時22分、相模湖を横断する勝瀬橋に着いた。
(13.6㎞相模湖駅前)210分  (16.9km勝瀬橋北詰)240分
  (12時17分:甲州街道)    (12時18分)       
IMG_5146.JPGIMG_5147.JPG











○ 勝瀬橋~藤野駅前
・ 藤野駅に行くには、このまま相模湖北岸の国道沿いに進むのが最短だが、もう国道は歩きたくなかったので、勝瀬橋を渡って南岸に行った。
  (15.5km勝瀬橋南詰)242分
(12時25分)       (12時27分)
IMG_5155.JPGIMG_5158.JPG







・ 相模湖南岸を通る520号線は道幅は狭いが、車は少ないので安心できた。
・ 相模湖南岸は日連地区で、しばらく進むと、日連大橋という大きな橋を越えた。このあたりは、川の渓谷が深くなっている。
・ 農山村の素朴な雰囲気だ。
・ 12時48分、追分交差点に着いたが、ここで道を間違えて少し時間ロスした。
 (17.1km追分)262分
(12時38分:日蓮橋からの景色)  (12時47分:520号)
IMG_5165.JPGIMG_5168.JPG










・ 相模川の支流、秋山川を越えて、坂を上り下りして進んだ。
・ 秋山橋の袂にはキャンプ場と川釣りの施設がある。
 (19.6km秋山橋)281分
 (12時59分:秋山橋)   (13時:秋山川)
IMG_5172.JPGIMG_5175.JPG










・ 弁天橋を渡って、相模湖の南岸から北岸に着いた。
・ 丘の上の国道20号に上ると、対岸の藤野地区の山に大きな封筒のモニュメントが見えた。これは「緑のラブレター」といって1989年に制作されたもので、縦17m、横26mもある。
・ 13時35分、ようやく藤野駅に着いた。2時間もかかるとわかっていたら、相模湖駅で帰っていただろう…。
疲れ果てて、藤野駅から電車で八王子駅まで帰った。
(21.5km藤野駅)310分
 (13時24分:弁天橋から相模湖)  (13時30分:緑のラブレター)
IMG_5183.JPGIMG_5188.JPG

('20-254) 高尾-小仏峠-藤野20kmウォーキング(その3:小仏峠~相模湖駅)-夜5kmランニング

2020年9月9日(水)23~35℃、晴れ
・ 日本列島は引き続き広く太平洋高気圧に覆われて晴れるところが多かったが、日本海の方に前線ができてきた。
・ 猛暑日(最高気温35℃以上)は5地点に減ったが関東内陸が暑かった。真夏日(最高気温30℃以上)は440地点と全体の4割を超えた。
・ 都内でも青空が広がってまた厳しい暑さになった。最高気温は練馬35.0℃、八王子34.2℃、都心33.6℃で真夏の気温になった。
 (7時)        (12時半)
IMG_5317.JPGIMG_5322.JPG









◎ 夜5kmランニング
・ 20時10分、27℃、南風3m/s。日中の暑さが残っていて、走り出すと汗が出た。
・ 出だしから割と速めで走って3kmまで順調だったが、トイレに行きたくなって、3kmからの全力走を5kmまでなんとか続けて、最後の1kmは途中でやめた。
(1km)5分21秒 (2km)10分35秒[5:14] (3km)15分05秒[4:29]
(4km)19分25秒[4:20] (5km)23:45秒[4:20] (5.5km)28分05秒[4:20]

◎ 高尾-小仏峠-藤野20kmウォーキング(その3:小仏峠~相模湖駅)
・ 9月5日、8時56分JR中央線高尾駅前から歩き始めて旧甲州街道を西へ向かった。
・ 10時、小仏峠への遊歩道を登り始めて1.8km、30分ほどで小仏峠に着いた。【20-253より続く】
○ 小仏峠~底沢橋への下り
・ 10時26分、小仏峠から西へ旧甲州街道を進んで相模湖へ向かった。
・ ほとんどのハイカーは小仏峠から北へ景信山を経て陣馬山へ行くか、南へ城山を経て高尾山へ行くので、このコースでは他のハイカーと遭遇することはなかった。
・ 最初はほぼ直線的にゆっくり下っていく。
(8km小仏峠出)126分   (10時26分)
IMG_5100.JPGIMG_5102.JPG











・ 最初はスギの植林地の中をまっすぐ進んだが、そのうちにジグザグの急な下りになった。
 (10時42分)     (10時50分)
IMG_5108.JPGIMG_5115.JPG









・ 峠から1.2km下っていくと、いったんなだらかになって、また急坂を降りていった。
・ 小仏峠からの下り道の1.8kmを約30分かかって、10時57分に舗装路に出た。
(9.8km小仏峠出口)92分 
IMG_5118.JPGIMG_5120.JPG










・ 峠道の遊歩道から一般の舗装道路に出て進むと、中央自動車道の高い橋脚の下を行き来したのち、底沢沿いに1.8km歩いて、11時20分、国道20号(甲州街道)に着いた。
・ 森の外へ出ると、日差しが強くて、普通に歩いていてもヘトヘトになっていた。
 (11.6km底沢橋:国道20号)188分 
(底沢橋)
IMG_5124.JPGIMG_5131.JPG










・ 11時24分、道の駅小原の郷でトイレに寄った。
・ 11時29分、小原宿本陣に立ち寄って、約20分ほど甲州街道沿いに歩いて、11時48分、ようやく相模湖駅に着いた。
・ 小仏峠から約80分、高尾駅前から約2時間50分かかった。
(13.6kmJR相模湖駅前)210分
 (小原の郷)         (小原宿本陣)
IMG_5135.JPGIMG_5136.JPG











 (相模湖駅前)
IMG_5140.JPG

('20-253) 高尾-小仏峠-藤野20kmウォーキング(その2:小仏峠入口~小仏峠)-夜6kmランニング

2020年9月8日(火)24~35℃、曇り/晴れ
・ 台風10号は中国大陸に進んで温帯低気圧に変わった。日本列島は太平洋高気圧に覆われて晴れるところが多く、西日本から北日本まで日本海側を中心に9月とは思えない暑さになった。
・ 関東や東海の沿岸部では南から流れ込む湿った空気の影響で、変わりやすい天気になった。
・ 猛暑日(最高気温35℃以上)は北陸などで74地点、真夏日(最高気温30℃以上)は692 地点にもなった。
・ 都内でも青空が広がってまぶしく厳しい暑さになった。最高気温は八王子と練馬で35.0℃、都心で34.2℃になった。
 (7時)        (12時半)
IMG_5294.JPGIMG_5296.JPG









◎ 夜6kmランニング
・ 19時52分、29℃、南風3m/s。蒸し暑いが向かい風があったので、まずまずの条件。
・ スタートから1kmは体がしんどくて5分36秒かかったが、1.5kmからの上り坂は少しペースアップしてなんとか走り切った。
・ 2.5kmすぎの下り坂でペースアップして、3kmから5kmまでの全力走はキロ4分18秒でまずまずだったが、その後はバテてしまった。
(1km)5分32秒 (2km)11分01秒[5:25] (3km)15分32秒[4:33]
(4km)19分44秒[4:11] (5km)24分03秒[4:18]  (6km)28分43秒[4:40]

◎ 高尾-小仏峠-藤野20kmウォーキング(その2:小仏峠入口~小仏峠)
・ 9月5日8時56分、JR中央線高尾駅前から歩き始めて、旧甲州街道を西へ向かっていくと、舗装路が終わって駐車場があり、その奥には車止めがあった。【20-250より続く】
○ 小仏峠への上り
・ 10時、車止めから少し進むと、道は左右に分かれており、右は景信山へ、左は小仏峠に向かう道なので、左へ行った。
・ 晴れて暑い日だったが、森の中は木陰で涼しく感じた。緩やかな上りを数分進むと、谷水が流れていたので、飲んだ。
・ 野草も咲いていた。ここまでは気持ちの良いさわやかな道だ。
(5.7km小仏峠林道入口)100分
IMG_5073.JPGIMG_5077.JPG







IMG_5078.JPGIMG_5081.JPG










・ 10時09分、林道の道幅は歩行者一人分の山道になった。ここから勾配もきつくなって、山の斜面をジグザクに上っていく。
IMG_5084.JPGIMG_5088.JPG










・ 10時20分、峠への上り口から20分間山道を登り続けて、景信山・陣馬山方面と城山・高尾山方面へ行く道の分岐点に着いた。
・ ここが小仏峠だった。
・ 当地は標高548mで、ここから北へ行くと標高727mの景信山、南へ行くと標高670mの小仏城山で、ここは両者の中間点の鞍部(凹んだ所)になる。
・ 何人かがベンチで休んでいたり、写真を撮っていた。
・ 茶屋の廃屋の前を通って進むと明治天皇巡幸碑がある。
・ ここで休んでいた人達のほとんどは高尾山方面へ向かい、残りは小仏バス停の方へ降りて行った。
・ 少し休んでから、底沢バス停へ向かうことした。
(8km小仏峠)120分~128分
IMG_5090.JPGIMG_5091.JPG






IMG_5093.JPGIMG_5095.JPG

('20-252) 谷地川-多摩川16kmランニング(後半:多摩川~八王子)

2020年9月7日(月)、曇り/雨/晴れ
・ 台風10号は九州西岸沖を北上して、朝鮮半島に抜けた。
・ 台風の影響で九州だけでなく、中国、四国から関東甲信にかけて大気の状態が不安定になり、局地的に雷を伴った激しい雨が降った。
・ 台風10号周辺の暖かく湿った空気と、フェーン現象によって、北陸や東北の日本海側を中心に気温が上昇した。
・ 猛暑日(最高気温35℃以上)は46 地点、真夏日(最高気温30℃以上)は538 地点になった。
・ 東京でも午後1時頃に激しい雷雨になった。最高気温は練馬32.6℃、都心31.2℃。
・ 八王子でも強い南風に雲が流されてきて天気が変化した。午後には一時的に雨が激しく降ったが、その後は曇りがちになった。最高気温は29.2℃になった。
 (7時)         (18時半)
IMG_5283.JPGIMG_5289.JPG











◎ 夜6kmランニング
・ 19時54分、26℃、南風6m/s。雨上がりで気温が下がって南風があって走りやすかった。
・ スタートから1kmは体がしんどかったが、1.5kmからの上り坂からペースアップして、2kmから全速ペースにをなんとか走り切った。
・ 2.5kmすぎの下り坂でペースアップして、2~3kmで初めてキロ4分20秒を切った。
・ その後の3~5kmの間もキロ4分20秒を切った。
・ ラスト500m全力も1分57秒でまずまずだった。
(1km)5分26秒 (2km)10分32秒[5:06] (3km)14分52秒[4:18]
(4km)19分03秒[4:11] (5km)23分19秒[4:16] (6km)27分59秒[4:40]

◎ 谷地川-多摩川16kmランニング(後半:多摩川~八王子)
・ 9月6日、八王子駅周辺からスタートして、谷地川から多摩川へ向かった。【20-251より続く】
○ 多摩川沿い
・ 多摩大橋を渡って、八王子市から北岸の昭島市へ入った。
・ 多摩川の流水量も増していて茶色に濁っていた。
・ 曇りで風もあって、ランニングやウォーキングには好条件だった。
 (6.3km多摩大橋南)59分 (7km多摩大橋北詰)66分
IMG_5239.JPGIMG_5241.JPG











・ 多摩川北岸の河川敷にある多摩川緑地くじら運動公園では、野球グランドは使われていなかったが、子供たちのサッカーが行われていた。
・ ちょうど八高線の電車が鉄橋を通過していった。
・ 日差しがなくて助かったが、堤防を黙々とゆっくりペースで走った。
 (9.6km拝島橋北詰)86分
IMG_5244.JPGIMG_5246.JPG








・ 国道16号が多摩川を渡る拝島橋に差しかかる頃、東の方から黒雲が広がってきた。
・ 拝島橋を渡っていると、ついに雨が落ち始めた。
・ 橋を渡り終える頃に雨は本降りになってきたので、傘をさして進んだ。
 (拝島橋)(多摩川拝島橋上流)
IMG_5248.JPGIMG_5250.JPG






○八王子市
・拝島橋から南へ少し進んで、八王子市に入った。
・ 道の駅八王子滝山に立ち寄った。施設の中の地元産品、各地の特産品などを買い求める人たちで賑わっていた。
(11.9km道の駅八王子滝山)108分~123分 
IMG_5255.JPG






・ ひよどり山トンネル内の全長1kmをノンストップで走ったが、5分45秒が精一杯だった。
・ トンネルを出ると、まだ雨が降っていた。
(13.1kmひよどり山トンネル北出口)135分 (14.1km〃)
 (ひよどり山トンネル北口)  (ひよどり山トンネル南)
IMG_5256.JPGIMG_5257.JPG











・ トンネルから出て南へ向かって浅川の浅川大橋に出たが、浅川上流の高尾山方面は雲の中にかすんでいた。
・ トンネルの方から救急車に続いて消防自動車が緊急サイレンを鳴らして八王子駅方面に通過していった。
・ 消防署が忙しいのは困ったことだ。
・ 橋を渡ってから、JR八王子駅方面に向かって、買物をして帰った。
・ ランニングでもウォーキングでも疲れ具合はあまり変わらない。
(16.5km)165分
IMG_5259.JPGIMG_5262.JPG

('20-251) 谷地川-多摩川16kmランニング(前半:谷地川)

2020年9月6日(日)、晴れ/雨、24℃~27℃
○ 台風10号が九州に接近
・ 台風10号は非常に強い勢力を維持して北上し、20時には屋久島沖を北上して九州西の沖合を進んでいる。
・ 中心気圧は945hpaで九州全域が暴風域に入っており、大雨、暴風、高波、高潮の危険が高まっている。
・ 中国と四国でも強い風雨が続いており、近畿から東海、関東甲信でも大気不安定な状態が続き、局地的に激しい雨が降った。
・ 八王子では昨夜に激しい雨が降って、朝方は曇りだったが、昼前から雨が降ってきた。
 (8時)        (14時30分)
IMG_5209.JPGIMG_5265.JPG









・ 16時頃には雨はやんで、きれいな虹が見えた。
 (15時53分)      (16時03分)
IMG_5266.JPGIMG_5267.JPG











◎ 谷地川-多摩川16kmランニング(前半:谷地川)
○ 浅川~谷地川
・ 10時20分(曇り、27℃、南風3m/s)、ランスタートした。
・ 雨はやんでいたが、蒸し暑かった。昨日の小仏峠-相模湖ウォーキングの疲れもあって、ペースは上がらなかった。
・ 甲州街道が浅川を越える大和田橋に来ると、浅川は濁流になって、水量もかなり増えていた。昨夜の雨はかなりの集中豪雨だった。
(1.2km大和田橋北)12分
(大和田橋から北)        (大和田橋から南) 
IMG_5220.JPGIMG_5218.JPG







・ 大和田小学校交差点への坂を上った。北方には青空が見えた。
・ 八王子駅方面では高尾山は雲の中に隠れていた。
(1.7km大和田4丁目)15分  (2.7km北八王子駅入口)26分
IMG_5222.JPGIMG_5225.JPG









○ 谷地川
・ 多摩大橋に向かう都道八王子武蔵村山線を北へ進んだ。
・ 中央自動車道を通過して下り坂を500mほど進んで、谷地川に架かる田島橋に着いた。
・ 田島橋から谷地川の遊歩道を下流へ向かった。
・ 谷地川の水量はいつもより多いものの、浅川のような茶色の濁流にはなっていなかった。
・ 曇り空でランには好条件だったが、日差しが出ると、蒸し暑かった。
・ 2kmちょっと走って、新旭橋に着いた。
・ 谷地川はこの先1kmほどで多摩川に合流するが、今回は見送って、多摩大橋をめざした。
(4.2km田島橋)39分  (5.5km新旭橋)50分
 (田島橋下流)      (新旭橋上流)
IMG_5229.JPGIMG_5233.JPG

('20-250) 高尾-小仏峠-藤野21kmウォーキング(その1:高尾~小仏峠入口)

2020年9月5日(土)、晴れ/雨、24℃~34℃
・ 過去最強クラスの非常に強い台風10号が北上して沖縄、奄美地方に接近している。明日から月曜日にかけて九州に接近・上陸のおそれがある。
・ 九州全域が暴風域圏内に入り、西日本から関東の太平洋側でも湿った空気が入り込んで大気不安定になっている。
・ 関東には暖かい空気が入りこんで晴れて厳しい暑さになった。
・ 猛暑日(最高気温35℃以上)の地点数35で甲府36.8℃など内陸部で暑くなった。真夏日(最高気温30℃以上)の地点数は524と全国の半分以上になった。
・ 都内でも昼頃までは青空が広がって日差しが強く蒸し暑くなった。最高気温は都心34.2℃、青梅34.0℃、八王子33.8℃になった。
・ 八王子でも昼までは晴れていたが、午後は入道雲が出てきて、夕方には雷雨になった。
 (7時半)        (17時40分)
IMG_5016.JPGIMG_5201.JPG











◎ 高尾-小仏峠-藤野20kmウォーキング(その1:高尾~小仏峠入口)
・ JR中央線相模湖駅から旧甲州街道の小仏峠を越えて高尾駅までラン&ウォークをしようと思って、まず八王子駅から高尾駅に着いたが、ここから相模湖駅への接続列車は30分後だった。特急列車はこの間に2本通過したしたのに。
○ 高尾駅~小仏関所跡
・ そこで、8時56分、高尾駅からスタートした。
・ 走りだしたが、暑くてすぐにあきらめて、ウォーキングになった。
・ 高尾駅で降りたハイキングの人達は、駅前から小仏行きのバスに乗り込んでいた。
・ 西浅川から旧甲州街道を西へ向かった。
・ まだ元気だったので、キロ10分ほどで進んだ。
(1.5km小仏関所跡)15分 
 (高尾駅)         (小仏関所跡)
IMG_5028.JPGIMG_5036.JPG











・ 道の隣を小仏川が流れているが、対岸の林道を見ると、ランニンググループが通っていた。トレイルランをしているようだ。
・ 圏央道の巨大な橋脚の下を通過した。
(2.5km圏央道下)24分
 (小仏川)      (圏央道)
IMG_5040.JPGIMG_5043.JPG











・ 浅川国際マス釣り場を通過して、小仏峠に向かっていると、バスがやってきた。バスは2台が続けて運行している。予定の時間に乗り切れないことがないようにしているのだろう。
(浅川国際マス釣り場)      (日影)
IMG_5049.JPGIMG_5054.JPG








・ 民家の軒先に、沢水のサービスがあった。
IMG_5055.JPG







・ 変電所の隣に、最後のバス停がある。
・ 高尾駅まで5kmの地点だ。峠を越えてきた人達が待っていた。
・ ここから舗装路の上り坂になる。
・ 700mほど坂道を歩くと、舗装路が終わって駐車場がある。10台くらい駐車していた。
(4.8km小仏バス停)51分   (5.7km小仏峠道入口)64分
 (JR変電所)        (旧甲州街道小仏峠道入口)
IMG_5058.JPGIMG_5072.JPG

('20-249) 相原-境川-城山湖-湯殿川24kmラン&ウォーク(その4:湯殿川)-夜6kmランニング

2020年9月4日(火)24~35℃、曇り/晴れ

・ 大型の非常に強い台風10号が北上して沖縄、奄美地方に接近してきており、週末には九州に接近・上陸のおそれがある。
・ 九州から西日本の太平洋側は湿った空気が入り込んで不安定な天気となった。
・ 関東には暖かい空気が入りこんで晴れて厳しい暑さになった。
・ 猛暑日(最高気温35℃以上)の地点数25はいずれも関東、真夏日(最高気温30℃以上)の地点数は452となった。
・ 都内でも昼頃までは青空が広がって日差しが強く蒸し暑くなった。最高気温は練馬36.3℃、八王子35.8℃、青梅35.2℃、都心35.1℃、府中34.9℃になった。
・ 八王子から朝、久しぶりに富士山がハッキリと見えた。夕方には黒雲が広がった。
 (7時)        (18時半)
IMG_4998.JPGIMG_5004.JPG











◎ 夜6kmランニング
・ 20時12分、26℃、北風3m/s。暑いが少し風があったので、まずまずの条件。
・ 今夜は特に体が重くスタートから1kmは体がしんどかったが、1.5kmからの上り坂をなんとか走り切った。
・ 2.5kmすぎの下り坂でペースアップしたが、3kmからの全力走はできず、キロ4分40秒台のマラソンペースでいった。
・ ラスト500m全力走は2分00秒だった。
(1km)5分39秒 (2km)11分07秒[5:28] (3km) 16分00秒[4:52]
(4km)20分45秒[4:44] (5km)25分33秒[4:48] (6km)30分13秒[4:40]

◎ 相原-境川-城山湖-湯殿川24kmラン&ウォーク(その4:湯殿川)
・ 8月30日(日)、相原駅前から境川を遡って、城山湖を周回してから、大戸交差点に着いた。【20-247より続く】
○ 町田街道~湯殿川
・ 13時15分、大戸交差点から町田街道を北へ向かった。
・ 1kmほどで町田市から八王子市に入った。ここに館町清掃工場がある。
・ 館ヶ岡団地の方へ進んだ。この道は初めて通る道だ。館ヶ丘団地は高尾山の麓に広がる総戸数2800戸の大規模UR団地。バスで高尾駅まで10分かかる。
・ バス停を過ぎると、高尾山学園の前から頴明館中高の方の道路に降りた。
(13.7km大戸交差点)160分 (14.8km館清掃工場入口)170分
 (館清掃工場)         (UR館ヶ丘団地)
IMG_4806.JPGIMG_4807.JPG









(殿入中央公園)
・ 15km、3時間ほど歩いてきてクタクタになって殿入中央公園によった。ここには全長105mのローラー滑り台があり、専用マットに乗って山の高い位置から滑り降りるようになっている。吊り橋やネット遊具などもあるが使ったことはない。
・ ノドが乾いたので、水飲み場でペットボトルの水を補給した。
(15.7km殿入中央公園)182分 
IMG_4809.JPGIMG_4810.JPG











○ 湯殿川
・ 公園を出て道なりに1km少し進んでいくと、湯殿川に着いた。
・ ようやく走り慣れた湯殿川沿いの遊歩道に着いたが、もうくたくたになっていたので、走ることはできず、1㎞10分くらいで進んだ。
・ 川のカモたちはずいぶん大きくなっていた。
(16.9km湯殿川和合橋)196分 (19.1km大橋)215分 
IMG_4814.JPGIMG_4823.JPG












・ 小比企町の水田でも稲穂が登熟して垂れてきた。
・ 街路樹のハナミズキの実が膨らんできて少し赤く色づいてきた。
・ さらにペースは遅くなったが、何とかスタート地点まで帰った。
(21.2km片倉駅入口)235分 (23.9km)259分
IMG_4825.JPGIMG_4832.JPG

('20-248) 相原-境川-城山湖-湯殿川24kmラン&ウォーク(その3:城山湖-後半)-夜6kmランニング

2020年9月3日(木)、曇り/雨/晴れ
・ 台風9号が九州北西をかすめて朝鮮半島を北上した。
・ 北陸など日本海側ではフェーン現象によって気温が上がった。
・ 猛暑日(最高気温35℃以上)の地点数112、真夏日(最高気温30℃以上)の地点数608となった。特に、新潟県三条市では40.4℃で9月として初めて40℃を超えた。
・ 東京都内でも朝方は曇っていたが、青空が広がったり、急に土砂降りになったり、天気は不安定だった。
・ 都内の最高気温は、練馬33.8℃、都心32.7℃、府中と八王子32.5℃になって湿度が高く蒸し暑かった。
 (8時)        (11時40分)
IMG_4935.JPGIMG_4938.JPG









◎ 夜6kmランニング
・ 20時16分、28℃、南風4m/s、蒸し暑くて走り出すと汗が流れた。
・ スタートから速めで走ったが、1km通過は昨日より7秒遅れだった。1.5kmからの上り坂もなんとか走り切って、2.5kmすぎの下り坂でペースアップしたので、3km通過は3秒遅れに縮まった。
・ 3kmから4kmの全力走も南からの追い風で4分09秒で昨日より2秒速く、4kmからもなんとか持ちこたえて、ラスト500mも1分56秒で、6kmタイムは昨日より7秒速かった。ベストに近いタイムになった。
(1km)5分16秒 (2km)10分26秒[5:0] (3km)14分47秒[4:21]
(4km)18分56秒[4:09] (5km)23分12秒[4:15] (6km)27分52秒[4:40]

◎ 相原-境川-城山湖-湯殿川24kmラン&ウォーク(その3:城山湖-後半)
・ 8月30日(日)、JR横浜線相原駅前から境川の源流近くまで来た後、城山湖を訪れた。
○ 城山湖とは
・ 城山湖は、神奈川県相模原市にある人造のダム湖。
・ 昭和40(1966)年、純揚水式の城山発電所建設に伴って、境川支流、本沢渓谷に上池として誕生した「本沢ダム」の人造湖で、「かながわの探鳥地50選」や「かながわの公園50選」にも選定されている。
・ 湖の周囲には散策路が設けられており、休憩所では城山湖と相模原の町並みが一望できる人気の散策スポットになっている。
・ 城山湖はロックフィルダム堤体を建設し、あとからそこに水を導入した。
・ 水が増水してしまったときは、境川に放水する構造になっている。
・ このダム湖は、夜間に余剰電力で城山湖の南にある津久井湖から水をくみ上げて、電気が必要な昼間に、水を落として発電する揚水式発電を実施しているため、水位の変動に耐えうる構造とするために湖の周囲はコンクリート擁壁にされている。
・ 城山湖を1周する散策路(4.7km。所要約1.5時間)では、水と緑豊かな自然や変化に富んだ展望が至るところで楽しめ、晴れた日には金刀比羅宮前から遠く新宿副都心や東京タワー、横浜ベイブリッジ・ランドマークタワーを望むことができる。野鳥観察のできる休憩所などもあり、自然とふれあえる絶好の場所になっている。
○ 城山湖周回ハイキングコース
・ 11時35分、城山湖最初の駐車場入口のある金刀比羅宮への階段下に着いた。ここから約4.7kmの城山湖周回ハイキングをスタートした。
・ 12時05分、高尾山・草戸山へ向かうコースと嶺の薬師へ向かうコースとの分岐点に着いた。ここから草戸山へ向かうコースは道幅が狭くなって遊歩道になった。 
(9km城山湖入口)120分  (分岐点)150分
 (12時6分)
IMG_4756.JPG






(ふれあい休憩所)
・快適な遊歩道を少し歩いていくと、 12時08分、ふれあい展望所・休憩所に着いた。
・ ここは湖周回をスタートして半周ほどの所で、周回コースの最高地点のようだ。湖が一望できて、本沢ダムの堰堤越に、橋本駅周辺の高層ビルが見えた。
・ お腹が空いたので、ヒスイパンを食べた。
・ 着いた時は誰もいなかったが、しばらくして2人やってきた。
 (ふれあい休憩所)
IMG_4757.JPGIMG_4760.JPG









(起伏が大きくなる)
・ 7分休憩して、12時15分、歩き出したが、ここからは木の階段を下る狭い道になった。
・ 12時22分、松見平休憩所400m・17分とふれあい休憩所300m・13分という案内板があった。
・ 反対側からやって来るハイカーのグループとすれ違うことが増えてきた。
 (12時16分)       (12時22分)
IMG_4762.JPGIMG_4766.JPG










(松見平休憩所)
・ 12時28分、松見平休憩所に着いた。木製の展望台がある。
・ 5~6人が休憩したり、食事をしていた。
・ ここは、高尾山へ向かうコースと堰堤に向かうコースとの分岐点となっている。
IMG_4771.JPGIMG_4773.JPG










・ 休憩所から出て、起伏のある木道を進むと、12時32分、境川の源流へ行く道の案内があった。
・ 源流地へ行く方が帰りには近道で源流地を見たかったが、ダム湖を1周することを優先した。
 (12時31分)       (12時32分)
IMG_4777.JPGIMG_4778.JPG






(はなさき休憩所)
・ 12時38分、はなさき休憩所に着いたが、すでにカップルがいたのでスルーした。
IMG_4781.JPG






・ この先から湖がよく見えるようになった。
 (12時40分)      (12時42分)
IMG_4773.JPGIMG_4787.JPG









・ 12時45分、本沢ダムの堰堤に着いた。
・ 堰堤上は日差しが強くコンクリートの照り返しでぐったりした。
(12時44分)        (12時49分)
IMG_4789.JPGIMG_4794.JPG









・ 12時50分、堰堤を離れて帰ることにした。金刀比羅宮の展望所に行きたかったが、疲れていたのと、先の行程が10kmも残っていたので、諦めた。
(13.7km金刀比羅宮下)202分
 (12時52分)       (12時56分)
IMG_4797.JPGIMG_4799.JPG








○ 城山湖~大戸交差点
・ 城山湖から登ってきた道を引き返した。
・ 城山湖入口から青少年センター入口まで、上りは15分かかったが、下りは途中でトイレに寄っても11分だった。
・ さらに町田街道の大戸交差点までやってきた。
・ 13時15分、町田街道の大戸交差点に着いた。
(15.4km大戸交差点)220分 

('20-247) 相原-境川-城山湖-湯殿川24kmラン&ウォーク(その2:城山湖-前半)-夜6kmランニング

2020年9月2日(火)22~32℃、曇り/雨
・ 非常に強い台風9号が北上し九州の北西岸をかすめて朝鮮半島に向かっている。
・ 九州から東日本までの太平洋側は湿った風が吹き込んで雲が広がったりぐずついた天気になった。一方、中国から北陸の日本海側は晴れて高温になっている。
・ 猛暑日(最高気温35℃以上)の地点数84、真夏日(最高気温30℃以上)の地点数523 地点となった。
・ 東京都内でも朝方は曇っていたが、昼頃には青空が広がって暑くなり、午後はまた雲や雨が降ったり、不安定な天気になった。
・ 都内の最高気温は、練馬32.3℃、都心32.1℃、府中31.9℃、八王子31.7℃で湿度が高く蒸し暑かった。
 (9時)        (12時半)
IMG_4897.JPGIMG_4898.JPG








◎ 夜6kmランニング
・ 20時09分、27℃、微風、気温はそれほど高くないが、湿度90%で蒸し暑く、走り出すと汗が流れた。
・ スタートから速めで走り、1.5kmからの上り坂もなんとか走り切って、2.5kmすぎの下り坂でペースアップして、3kmから4kmの全力走も4分13秒でベストに近いタイムできたが、4kmでバテて、その後は失速し、ラスト500mも2分01秒でダメだった。
(1km)5分09秒 (2km)10分18秒[5:08] (3km)14分44秒[4:26]
(4km)18分58秒[4:13] (5km)23分19秒[4:20] (6km)27分59秒[4:40]

◎ 相原-境川-城山湖-湯殿川24kmラン&ウォーク(その2:城山湖-前半)
・ 8月30日(日)、JR横浜線相原駅前から境川を上って源流近くに着いた。【20-246より続く】
○ 境川~城山湖入口
・ 11時20分、大地沢青少年センター入口の分岐点で左の道を上っていった。ここから本格的な上り坂になる。
・ 1.3kmの急坂を歩いた後、11時35分、最初の駐車場入口のある金刀比羅宮への階段下に着いた。
(7.3km青少年センター入口)92分 (9km城山湖入口)120分
IMG_4733.JPGIMG_4735.JPG









・ さらに300mほど進んで、コミュニティ広場に着いた。ここに2番目の駐車場とトイレがある。トイレはここしかないので、立ち寄った。
・ 11時45分、広場で湖の周回ハイキングコースの案内板を見て、90分~120分ほどで1周できるので、行ってくることにした。
・ すぐに城山発電所がある。
 (コミュニティ広場)    (城山発電所)
IMG_4736.JPG IMG_4738.JPG









○林間コース
・ 発電所を通過してまっすぐ林の中に入っていく。
・ 野鳥観察休憩所から湖面が少し見えたが、その後は山中の林道を進むので、湖面は見えない。
(11時50分)         (11時56分)
IMG_4740.JPGIMG_4742.JPG










・ 等高線に沿う形で、緩やかな上り坂が続く。道幅は小型4輪車が通れるくらいで歩きやすい。
・ 自分の位置がわからないので、スマホGPS地図を見ると、圏央道の地下トンネルの上を越えて南西に向かっていた。
・ しばらく進んでから、北へ向きを変えた。
・ 12時01分、樹林の間に湖が見えた。かなり高く上ってきた。
(12時01分)         (12時02分)
IMG_4747.JPGIMG_4749.JPG










・ 12時05分、高尾山・草戸山へ向かうコースと嶺の薬師へ向かうコースとの分岐点に着いた。
・ ここから草戸山へ向かうコースを進むが、道は狭くなって遊歩道になった。【続く】
(12時05分)
IMG_4755.JPG

('20-246) 境川上流-城山湖-湯殿川24kmラン&ウォーク(その1:境川上流)ー夜6kmランニング

2020年9月1日(火)21~27℃、曇り
(残暑は一服)
・ 台風9号は沖縄を通過して東シナ海を北上して九州北部に接近している。さらに、大型の台風10号も本州に接近してくるようだ。
・ 九州から西日本にかけて強い日差しが照りつけて猛暑が続いたが、関東から東北では太平洋側から湿った風が吹き込んで雲が広がり大気不安定になって局所的に大雨になった。
・ 猛暑日(最高気温35℃以上)の地点数72、真夏日(最高気温30℃以上)の地点数421地点で、昨日より減少したが、西日本から東海にかけて猛暑が続いた。
・ 都内では湿った曇り空で気温は上がらず、都心27.4℃、八王子では25.8℃と9月中旬並みの気温にとどまった。
 (9時)        (12時半)
IMG_4863.JPGIMG_4876.JPG










◎ 夜6kmランニング
・ 20時17分、25℃、南風3m/s。涼しくなって走りやすくなったが、体は重たかった。
・ スタートからかなりのハイペースで、1.5kmからの上り坂をなんとか走り切った。
・ 2.5kmすぎの下り坂でペースアップして、3kmから4kmの全力走は4分11秒でまずまずだったが、ここでバテてしまった。
・ 4~5kmもかろうじて4分20秒を切ったが、最後500m全力走もアップアップで1分59秒だった。
(1km)5分19秒  (2km)10分27秒[5:08] (3km)14分52秒[4:24]
(4km)19分03秒[4:11] (5km)23分22秒[4:19] (6km)28分02秒[4:40]

◎ 境川上流-城山湖-湯殿川24kmラン&ウォーク
・ 8月29日(土)、町田駅前から境川沿いに上流へ向かって相原駅の南までの14km余りをラン&ウォークした。
・ 翌30日(日)、相原駅前から境川の上流へ向かってラン&ウォークを再開した。
・ 境川は、神奈川県北部の城山湖付近を源として東京都と神奈川県境を南下し、藤沢市の江ノ島付近で相模湾に注ぐ延長約52kmの二級河川。古来より武蔵国と相模国の境界とされ、明治時代になって武蔵国が東京都、相模国が神奈川県になっても、その境界線は引き継がれた。
○ 八王子~相原駅
・ 9時35分、晴れ、スタートしてJR横浜線片倉駅に向かった。気温はすでに30℃ほどあってその後さらに晴れて気温上昇した。
・ 片倉駅からJR横浜線に乗車して2駅で相原駅に着いた。
(1.7km片倉駅)14分 (相原駅)25分
 (湯殿川)    (相原駅西口)
IMG_4656.JPGIMG_4664.JPG










○ 相原駅~境川・二国橋
・ 10時、相原駅西口から南へ向かってまもなく、境川に着いた。
・ 川は住宅地の間を蛇行していて川沿いの遊歩道はないので、川を南北に行ったり来たりしてできるだけ川近くの道を通って上流へ向かった。
・ 町田街道の相原十字路のすぐ南にある二国橋は、神奈川県と東京都の境界線上にある。
(3.9km相原十字路・二国橋)51分
IMG_4674.JPGIMG_4676.JPG




 





○ 境川・二国橋~風戸橋
・ 二国橋から300mほど上流に行くと、境川の景色は激変する。
・ 河川整備が行われたため、直線的な流路になっているが、境界線は昔の蛇行路に沿って残っている。
(4.8km東京家政学院前)66分 
IMG_4688.JPGIMG_4691.JPG










・ 東京家政学院入口交差点の南側に境川の大規模な調整池がある。
(調整池)
IMG_4693.JPG IMG_4695.JPG











・ さらに上流に進むと、川の堤防は低くなって、南岸には田んぼ広がっている。ここは相模原市の広田地区。
・ 田んぼの稲は実が膨らんできていて、案山子も立てられていた。
IMG_4703.JPGIMG_4709.JPG










・ 川を進むと、北側に巨大な団地がある。コーシャハイム武蔵岡住宅と都営武蔵岡アパート。
・ 境川の改修整備はアパートまで完了しているが、現在、この上流で蛇行する水路の直線化などの改修工事が行われている。
(6.3km法政大学入口:風戸橋)90分
IMG_4712.JPGIMG_4714.JPG











○ 風戸橋~大戸
・ 大戸交差点から西へ、城山湖の湖畔へ向かって上って行くと、途中に、大地沢の青少年センターの案内板があった。
・ センターを通過して約400mの所に境川源流があるというので、訪れたかったが、今回は見送った。【続く】
(6.8km大戸交差点)98分
 (境川)           (大地沢青少年センター入口)
IMG_4729.JPGIMG_4730.JPG 

(20-245) 町田-境川-八王子23kmラン&ウォーク(その3:寿橋~相原~八王子)

2020年8月31日(月)、晴れ/雨、25℃~33℃
(猛暑から雷雨)
・ 前線が南東北に南下してきて、東北や北海道は雨になった。
・ 前線南側の九州から近畿、東海にかけては相変わらず太平洋側の暖かい高気圧に覆われて猛暑が続いた。
・ 猛暑日(最高気温35℃以上)は129 地点、真夏日(最高気温30℃以上)は492 地点で、昨日よりは少し猛暑の範囲が狭まった。
・ 東京では朝からわりと雲が広がっていたが、正午過ぎには、八王子33.3℃、都心32.6℃になって蒸し暑かった。午後3時すぎには黒雲が広がって、激しい雷雨になった。夜まで雨が続いた。
 (9時)         (15時半)
IMG_4842.JPGIMG_4847.JPG









◎ 町田-境川-八王子23kmラン&ウォーク(その3:寿橋~相原~八王子)
・ 8月29日(土)、町田駅西口から境川に沿って上流に向かった。
○ 寿橋~相原駅入口
・ 橋本駅から真直ぐ北へ向かって境川を渡る寿橋から西へ、上流へ向かった。
・ ここから500mほど進むと、境川の蛇行が激しくなる。
・ ここから下流域では、氾濫を防ぐため、蛇行する河川を直線化する河川工事が行われてきたが、上流域では昔からの曲がりくねった川筋が残されている。
・ 川沿いの遊歩道もなくなったので、川から離れて進んで、国道16号に架かる両国橋を通って、八王子バイパスの下に着いた。
(14.1km寿橋)204分 (15.5km八王子バイパス下)224分
 (寿橋上流)      (両国橋上流)
IMG_4596.JPGIMG_4598.JPG










 (八王子バイパス下)
IMG_4603.JPG







・ バイパスを通過して西へ500mほど進むと、相原駅入口に着いた。
・ ここですでに12時50分近くなっていたので、境川に沿った探索は中断して、八王子に帰ることにした。
(16.2km相原駅入口)235分 
IMG_4605.JPGIMG_4607.JPG







・ 峠までの長い上り坂をようやく上りきって八王子市に入った。
(17.6km八王子市境)251分
 (相原駅)      (八王子市境)  
IMG_4610.JPGIMG_4617.JPG








・ 八王子に入ってからは緩く長い下り坂だが、走ることはできず、日傘をさしてキロ10分位のウォーキングで進んだ。
・ 相原駅から横浜線の電車に乗れば、10分もかからずに八王子駅に着くのだが、途中寄り道などをして結局約7kmを90分かかった。
(20.8km兵衛橋)290分 (23.4km)325分
 (兵衛川)       (国道16号)
IMG_4621.JPGIMG_4632.JPG