('21-121) 八王子の都立小宮公園のロウバイの花 ー 夜9kmランニング

2021年1月20日(水)、晴れ、-5℃~8℃
○ 大寒の日の冷えこみ
・今日1月20日は、二十四節気での「大寒」に当たり、暦の上では1年で最も寒い日になる。
・北日本と日本海側で吹雪をもたらした低気圧と前線が太平洋側に通過して、日本列島は広く高気圧に覆われてきた。
・ 日本海側などでの雪はほとんどやんで、全国的に天気は回復したが、今朝の最低気温が氷点下となる「真冬日」は全国約900地点の内の8割以上の755地点で、 厳しい冷えこみとなった。
・大寒の日にふさわしく、東京でも朝から晴れて冷え込んだ。今朝の最低気温は、八王子-5.4℃、青梅-5.5℃、府中-0.5℃、都心0.2℃だった。
都心の噴水でも、日影のところは氷が張っていた。
 (7時)      (9時)
IMG_3582.JPGIMG_3585.JPG










◎ 夜9kmランニング
・ 20時03分、1℃、今季一番の厳しい冷え込みだった。
・ 寒いので出だしから速めに走った。
・ 1.5kmからの上り坂もまずまずのペースで上ったが、この頃には両足つま先が寒さで感覚マヒした。
・ 3kmの下り坂からペースアップして8kmまでの5km全力走は22分13秒で22分を切れなかった。
・ 8km後のラスト500m全力走は2分02秒だった。寒さで体は動いていなかったようだ。
(1km)5分24秒 (2km)10分44秒[5:20] (3km)15分33秒[4:48] (4km)19分45秒[4:12] (5km)24分42秒[4:56] (6km)28分45秒[4:03] (7km)33分11秒[4:25] (8km)37分46秒[4:34] (9km)42分57秒[5:11]

◎ 八王子の都立小宮公園のロウバイの花
○ ロウバイとは
 (1月16日:八王子市内)
IMG_3316.JPG・ ロウバイは、12月から2月頃にかけての寒い時期に他の花に先駆けて花を咲かせる貴重な樹木。
・ まるでロウ細工のような光沢のある半透明で黄色い小花を咲かせる。
・ 花の形はウメに似ているが、香りが高いのが特徴。
・ 寒さに耐えて小さな花を咲かせるロウバイの花言葉は、「慈愛」「慈しみ」「ゆかしさ」「先見」など。
・ 中国では、「雪中四友」と呼ばれる4種の花(ウメ、サザンカ、スイセン、ロウバイ)のうちの一と数えられる。
○ 八王子の都立小宮公園のロウバイの花
・ 都立小宮公園の西側の遊歩道に沿って100mくらいで、ロウバイの木が植えられている。
IMG_3351.JPGIMG_3354.JPG










・ この品種は、ソシンロウバイ(素心蝋梅)で、花の中心部分まで黄色いのが特徴。
・ まだ5分咲き位だが、花付きがよく、たくさんの花を咲かせている。
IMG_3364.JPGIMG_3367.JPG









・ 当地のロウバイはこれから満開になっていくので、花と写真の愛好者にはすごく魅力的な場所になっていく。
IMG_3369.JPG