('21-023) 府中・国立都市計画道路事業を見た ー 夜9kmランニング

2021年1月22日(金)、晴れ、-1℃~16.5℃
〇 小春日和になった
・ 日本列島は高気圧に覆われていたが、九州南方から低気圧が北上してきて、西日本では曇りから雨になってきた。
・ 九州、中国、四国は日差しが少なくても気温が上がり、平年より高くなった。
・ 関東では午前中は晴れて気温が上がり、東京でも日差しを受けて気温が上がった。八王子16.6℃、府中16.4℃、都心16.0℃で平年気温より7℃も高く、4月中旬並みになった。
 (7時)       (9時)
IMG_3621.JPGIMG_3622.JPG









◎ 夜9kmランニング
・ 20時16分、9℃、昼間の暖かい空気が残って気温は高かったが、やはり肌寒かった。
・ ゆっくり走り出したが、体は重く調子は悪かった。
・ 1.5kmからの上り坂はまずまずの走りだったが、その後はペースアップできなかった。
・ 3kmから8kmまでの5kmは23分19秒でまったくダメだった。
・ 8km後のラスト500mの全力走もまともに走れず2分09秒だった。
(1km)5分34秒 (2km)11分02秒[5:27] (3km)15分56秒[4:54] (4km)20分29秒[4:32] (5km)25分33秒[5:04] (6km)29分55秒[4:21] (7km)34分33秒[4:38] (8km)39分15秒[4:41] (9km)45分02秒[5:47]

◎ 府中・国立都市計画道路事業を見た
・ 1月11日、JR中央線国立駅前から府中市西原町へ向かっていると、幅広い道路用の空地が続いている箇所に出た。
IMG_3134.JPGIMG_3135.JPG











・ この事業を説明している看板があった。
・ その記述によると、ここでは日野バイパスと甲州街道との交差点と東八道路の西原一丁目交差点を結ぶ約1300mを事業区間とする府中都市計画道路事業と国立都市計画道路事業が実施されている。東八道路と同じ規格で、道路は片側2車線の幹線道路となる。
IMG_3137.JPG・ 現在の東八道路は、府中市内の西原1丁目交差点で途切れていて、狭い一方通行道路しかないが、この道路ができると、中央高速国立インターへのアクセスが格段に良くなる。
・ ドライバーとしては、一刻も早い完成を期待している。



〇 都市計画道路用地の取得
・ しかし、事業区間の中に、ポツンポツンと住宅が残っている。
・ 都市計画道路用地の取得手続きは、買収する土地の価格と建物や工作物等の移転費用など損失補償額を算定して、それぞれの権利者と協議して、土地売買と損失補償の契約を締結することになる。
・ そして、土地売買代金・借地権消滅補償金、物件移転補償金、立ち退き補償金が支払われる。
・ 建物等は権利者が移転した後に完了確認して、土地が引き渡される。
・ 現在残っている住宅は、土地所有者との土地売買契約が成立していないと思われる。
・ 用地取得を伴う公共事業を円滑に遂行することは難しいと実感した。
IMG_3136.JPGIMG_3144.JPG